一時保育, 寒川, 生活/暮らし

神奈川の保育士を取り巻く状況

報道などでもたびたび取り上げられているように、働く女性の増加に合わせて、保育園への入園を希望していても、希望がかなわないご家庭が増えています。特に都市部での保育園不足の状況は厳しく、入園する保育園が見つからないばかりに、せっかく決まった仕事に就くことができなくなってしまったり、あるいは職場への復帰を遅らせることになってしまった人も出てきています。横浜・川崎・相模原という3つの政令指定都市を抱えている神奈川でも、働く女性が増え続けており、保育士は常に不足している状態が続いています。そのため保育園を増やしたり、いったん保育士の仕事を辞めてしまった人が職場へ復帰できるよう、さまざまな施策が行われています。

またさらにこうした保育士の不足状況は神奈川だけに限らず、全国に広がっています。そのため国の施策により、給与を補うための給付が行われることが決まりました。この施策により、他の職種と比較すると給与額が低いといわれている保育士の仕事に注目が集まり、不足している状況が改善されることが期待されています。神奈川でも新しく保育園ができることを望んでいるご家庭は多いものの、新たに募集を行っても、必要な数の保育士が集まらない状況も発生しています。

神奈川では保育園へのニーズが高いことから、開園が続くものと思われます。そのため今後も多くの求人が発生することになりますが、より多くの資格保有者が応募を考えるような魅力ある仕事にするための施策も必要といえるでしょう。寒川の一時保育のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です