掃除, 生活/暮らし, 逗子

夜間のベビーシッターの利用について

通常ベビーシッターは主に日中に依頼することが多いのですが、夜間にもお願いすることができます。夜は通常保護者の方がいらっしゃることが多いと思われますが、なぜ夜間専門の方もいらっしゃるのでしょうか。やはり仕事で帰宅が遅くなってしまう方に需要があるのです。特に急な残業が入ってしまう場合、なかなか早く帰れないので残業が終わるまでの間お願いしたい場合が多いようです。

別のケースでは逆に昼間は自宅にいるのだけれども夜から仕事に出る人に需要があります。例えばシングルマザーの人は収入の関係から夜に仕事に出る人もいます。このような場合はむしろ夜間の時間帯にベビーシッターを依頼したいと考えているのです。このように何かと便利な夜間サービスですが、具体的にどの時間帯が夜間の時間帯になるのでしょうか。

日中に来てもらう通常のサービスが大体18時や19時で終了となるケースが多いようです。このため、夜間はその後の時間帯となります。大体23時か24時あたりまでが夜間料金となります。夜の時間帯であることから通常の料金よりも割増になります。

しかし特に会社に勤めている方は子供を理由にしていつも仕事の途中で抜け出せない人がほとんどだと思われます。このため、このような夜間サービスを利用することで会社に対する信用を維持することができるのです。夫婦で協力し合って先にどちらかが早く帰るという方法もあるかもしれませんが、毎回タイミングが合うとも思えません。この際夜間のベビーシッターを試してみてはいかがでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です