家政婦, 生活/暮らし, 逗子

住み込みのベビーシッターについて

よく昔から海外のホームドラマでは住み込みのメイドが出てきたりします。海外では住み込みのメイドが一般的なのです。では日本ではどうでしょうか。ベビーシッターに依頼するにしても住み込みはあまりありません。

しかし、実際には住み込みでベビーシッターをやってもらうこともできるのです。もちろん実際に来てもらう場合は寝室も用意しなければいけませんし、1日中家に居てもらうことになるので料金は割高になります。それでもそういう住み込みの人に来てもらい場合、事前にどういうことを注意すれば良いでしょうか。まず、家に来てもらうということは同居するということなので食事を一緒にしなければいけないのはもちろんのこと、トイレやお風呂も共同で使う必要があります。

そして何よりも同じ家に住むということは合鍵も渡さなければいけません。このため、まずできれば専用のシャワールームやトイレを新たに設置してみてはいかがでしょうか。あとは仕事の時間とプライベートの時間をそれぞれ設けてあげることです。同居するとどうしても仕事とプライベートを混同してしまいがちです。

特によくあるのが家にいる間は仕事ばっかりさせてしまい、その割にはその分の報酬をベビーシッターの人に渡していないようなケースです。このような場合は仕事の分量と報酬が釣り合わないのでトラブルの原因となります。このため、仕事時間とプライベート時間を分けてあげてください。契約時に勤務時間を定めてあげると良いでしょう。

あと貴重品はなるべく金庫に保管するようにしてください。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です