家事代行, 生活/暮らし, 逗子

ベビーシッターはこんな仕事

ベビーシッターとは、親の不在時に6ヶ月から12歳くらいまでの子供の保育、世話を一時的に行う人のことです。依頼主の自宅で仕事をすることも多いですが、民間の託児所や企業、イベント会場で子供を預かるというケースもあります。独立して働いている人もいますが、大半はシッター派遣会社に登録し、そこから仕事を得ています。また保育所やベビールームなど、同じ場所で働いている人はパートやアルバイト、正社員として雇われていることも多いです。

ベビーシッターになるのに特別な資格は必要ありません。社団法人全国ベビーシッター協会の認定資格が存在しますが、これは国家資格ではないため、資格がなければ働けないという訳ではありません。派遣会社への登録条件、採用条件をクリアしていれば働くことは可能です。近年、女性の社会進出によってシッター需要は高くなっています。

普段は保育所に預けていても、熱を出したときや何かトラブルが起きたときなど、個々の子供に対する世話係がどうしても必要になる場面は多いのです。それらの需要に応え、最近では未経験者でも仕事ができる会社が増えてきています。反面、ベビーシッターは経験が非常に重要になる仕事でもあります。一人か二人の子供を自分だけで見る個別保育になるため、子供との信頼関係の構築が必要不可欠になります。

親の留守中、依頼主の家で子供と2人だけになることも多いため、親との信頼関係も非常に重要になるポイントです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です