シッター, 生活/暮らし, 鎌倉

ベビーシッターの仕事とは?求められる資質とは

アメリカでは長い歴史を持つベビーシッターの役割とは不在にする母親の代わりに乳幼児の世話をする人のことを示します。それぞれの交わす契約内容によってその仕事はさまざまです。乳幼児の見守りや食事の準備と介助、必要があれば送迎やお風呂の対応も行う場合があります。日本においてはベビーシッターとして働くためには特別な資格を取得する義務はありません。

自らをそのように名乗り仕事をすること自体は可能です。しかしながら、乳幼児の保育を行うことはそんなに簡単な事ではありません。子どもの命を預かっている自覚とその責任を果たすだけの能力が求められるのです。この仕事に就いて働く場合には保育士や幼稚園教諭の免許を取得していると就職の際に有利に働きますし、契約者の信頼も得やすくなります。

また民間資格にはなりますが、全国保育サービス協会の認定ベビーシッター資格を取得する方法もあります。いずれにせよ、個人的に営業する事は信頼を得る為にも簡単ではない為に、多くの場合は派遣会社に登録して、その会社から紹介を受けて働くことになります。ベビーシッターに求められる資質とはどのような物でしょうか。大切な子どもの命を預かる責任を果たすための資格や経験だけでなく、どのような個性の子どもにも対応できる柔軟性や優しさ、明るさが必要になります。

親の不在時に自宅に入り込む仕事のために、社会規範を遵守できる誠実さも当然必要になります。実際に子どもを預ける親は信頼できる派遣会社を選ぶ必要があります。派遣事業所の実績や情報をしっかりと事前に収集し、契約前にベビーシッターとの事前面接も行ってその人柄を確認する事も大切です。実際にはけんされる場合には身分証明書のコピーを確認する事も必要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です