一時保育, 平塚, 生活/暮らし

ベビーシッターに子供を預ける家庭が増えています

出産後、子育てに追われていると自分の時間を作ることがとても難しく感じるかたが多いです。産後は特に新生児を連れて外出することもできないですし、乳児・幼児であっても外出の際には行先も限られてしまいます。子供との時間はとても大切なものですが、自分の時間も同じくらい大切です。なぜなら、自分の時間が持てないと子育てのストレスや悩み、家事に追われ自分が疲れてしまい、体調不良に陥ることもあるからです。

また、復職時の子供の病気等で預け先がない場合、病児保育、サポートセンター、ベビーシッター等預け先はいろいろありますがみなさんはどうしているのでしょうか。子供の預け先(両親や友人)が近くにいない場合は、保育園の一時保育を利用するかたが多いです。しかし、保育園の預かり定員がいっぱいであれば預けることができませんし、感染性の病気をもらってくるかもしれません。病児でしたら感染性の場合には預けることができません。

自治体のサポートセンターに登録してみてもらうこともできますが、保育園同様事前の予約が必要になるため急な用事・急な病気では預かってもらうことができません。ベビーシッターと聞くとお金持ちの家庭にいるイメージがありますが、現在ではそうとも限りません。多くのベビーシッターがいるのは民間の会社で、一般の人たちが利用しやすいようになっています。保育園やサポートセンターに比べると料金は少し割高ですが、自宅で保育してもらえる安心と当日に急な用事でも対応してもらえるところもあります。

ベビーシッターさんの中には保育士や看護師の資格をもっているかたも多いので安心して利用することができます。病児・病後児のケアもしてくれます。お試しコースがあるところもあるので、復職や病気の時の不安があるかたは一度試してみると良いでしょう。平塚の一時保育のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です